顧客発見ステップでのエスノグラフィー活用とアーリーアダプターへのアプローチ方法 | Marketing&Promotion | Scoop.it
前回の記事では、「ニーズが発生するメカニズム」の確認を行う際には、アーリー・アダプターにターゲットを絞ること、代替品では満足できない“切実な課題”があるかどうかを見極めることなどを解説いただきました。今回は、エスノグラフィを活用して「“切実な課題”があるかどうかというニーズ構造」を発見する方法、アーリーアダプターを効率良く見つけていくコツなどを解説いただきます。...
Via Daysuke Suzuki