中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校!
969 views | +2 today
 
Rescooped by Shinji Nakamura from Curation & The Future of Publishing
onto 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校!
Scoop.it!

Stop Publishing Web Pages

Stop Publishing Web Pages | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it

Not sure if I agree with everything but Anil makes an interesting case for streams vs pages. He also makes a point when he says that blog feeds are limited because "you can't choose to follow just the music-related posts on my blog, ignoring the ones about technology."

 

That's another reason why don't need just streams to go faster, we also need to have them personalized according to our interests in a topic-centric model.


Via Guillaume Decugis
more...
lelapin's comment, August 14, 2012 8:27 PM
Should pages be properly tagged (#music, #technology, ...) I don't see why it would be a problem following specific entries of any blog.
Guillaume Decugis's comment, August 15, 2012 9:35 AM
@lelapin I think the point was that readers have now switched to streams while media are still building pages. But like I said, I'm not sure I agree with the article: geeks and early-adopters like streams but how do you explain Flipboard's success then? Some people still love organized headlines and nicely written pages.
lelapin's comment, August 15, 2012 9:47 AM
@gdecugis Thanks for staightening this out, wasn't sure whose point (yours or the author's) it was I didn't quite get along with. ^_^
中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校!
Javaプログラミングを英語で指導し、オラクル社Javaプログラム各資格を世界一安価で合格まで指導。弊社親会社ソフトウェア企業を通じて、実際的な業務研修もありグローバルに活躍するIT戦士を養成。http://bit.ly/2uCKTnE & http://bit.ly/TwMmMed
Your new post is loading...
Your new post is loading...
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

世界のテクノロジー地域のランキングに日本が入っていないという現実

世界のテクノロジー地域のランキングに日本が入っていないという現実 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
地図で見ても、やはり米国の西海岸、東海岸、ヨーロッパにエコシステムが集中しているのが分かる。イスラエル、シンガポール、ブラジル、インドなどのエコシステムも大きそうだ。
翻って日本のエコシステムの存在感はかなり低い。ランキングでは25位にも入っていない。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

英語力が格段にアップ。「英語で考えるクセ」をつけよう! - まぐまぐニュース!

英語力が格段にアップ。「英語で考えるクセ」をつけよう! - まぐまぐニュース! | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
何年も英会話に通っているのに、なかなか思うようにレベルアップしていないー。そんな方にはおすすめしたいトレーニング方法があります。英語のスペシャリストで、無料メルマガ「カリスマ英語ナレーターユッキーがお届けする!週間ラジオ…
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

SearchTrade:国内投資家はどのような『キーワード』を購入しているのか?

SearchTrade:国内投資家はどのような『キーワード』を購入しているのか? | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
ユーザー参加型検索エンジンのSearchTradeは『キーワード』を購入することによって何もせずに収入を得ることができる。SearchTradeで誰かが自分の持っている『キーワード』が検索される度に少額のBTCが自分のアカウントウォレットに送られてくるのだ。 SearchTradeで『検索』をしてビットコインを貰おう
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

【生きる 働く 第1部】私がハタラク理由<4>週3日就労 夢を追う

【生きる 働く 第1部】私がハタラク理由<4>週3日就労 夢を追う | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
キャッチコピーは「週5日勤務の『あたりまえ』がバカらしい」。勤務条件は「週休4日で月収15万円」。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った

WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
Windows の左右 Alt の空打ちで IME を OFF/ON するツール alt-ime-ahk を作りました。英語キーボードで使うと幸せになれるかもしれません。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

文系起業なにが悪い。コードが書けなくてもサービスを作れる5つの方法

文系起業なにが悪い。コードが書けなくてもサービスを作れる5つの方法 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
「サービスが作れないから」という理由で起業を断念している人はいませんか?無料で使えるサービスを使えば、「ここまでできるのか!」と驚くほど完成度の高いサービスを作ることができます。今回は、文系の起業家でも簡単にサービスを始められる方法を紹介し
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

Facebook元役員「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」 | リーディング&カンパニー株式会社

Facebook元役員「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」 | リーディング&カンパニー株式会社 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
もっとクリエイティブなやり方があるはずだ
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

費用の6割が戻る! どうなるIT資格取得の給付金制度

費用の6割が戻る! どうなるIT資格取得の給付金制度 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
 IT関連の資格取得講座を受講する場合、2017年10月以降、費用の補助を受けられるケースが増える。「教育訓練給付制度」の対象講座の指定要件緩和によって、対象講座の拡大が見込まれるからだ。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

情報共有をワンクリックで!SNS運用での作業効率アップするブックマークレット5選|ferret [フェレット]

情報共有をワンクリックで!SNS運用での作業効率アップするブックマークレット5選|ferret [フェレット] | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
今回は、情報共有の作業効率をアップするブックマークレット5選をご紹介します。
もちろん無料で使用することができる上にワンクリックでの情報共有が可能になりますので、どれも使い始めてみると手放せないツールばかりです。
そのままコピーアンドペーストして利用できるものをご紹介していますので、ぜひ使いこなして作業効率の向上に役立ててください。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

Travel goods from Sri Lanka to receive duty free entry to US

Travel goods from Sri Lanka to receive duty free entry to US | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
July 21, 2017 (LBO) – Export of travel-related products from Sri Lanka will enjoy duty free entry to the United States following a decision by the US administration to approve the inclusion of travel goods from all GSP beneficiary countries, including Sri Lanka, in the expanded US GSP scheme on July 1, 2017.

Ministry of Foreign Affairs said in a statement that this would enable the duty-free entry of products such as bags, wallets and backpacks in to the US market after being previously charged 6 to 20 percent tariffs.

“Following this concession, Sri Lanka’s travel goods exports to the United States will have the potential to regain the market share previously enjoyed by Sri Lanka by making the country among top 10 suppliers to the US market, once again,” the ministry said.

“The inclusion of travel goods in the GSP is expected to help US travel goods brands and retailers to broaden sourcing options for these products.”

Production of travel goods in Sri Lanka continues to remain as SME industry, which provides livelihood to a considerable number of men and women at the grassroots level and this development would bolster the local manufacturing industry and investments in this industry.

It would also lead to the creation of new jobs in the travel goods manufacturing sector in Sri Lanka.

US companies having a manufacturing plant in Sri Lanka in the travel goods industry could also export the finished product not only to the US market under zero duty but could also export to the EU under EU GSPPlus, India and Pakistan under the respective Free Trade Agreements as well.
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
現状のGoogle検索の正体は、「知識の無い人に知識を授ける」ツールではなく、

「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツールと言っても過言ではありません。

あるいは、知識の豊かな者と乏しい者、リテラシーの豊かな者と乏しい者の格差を拡大再生産するツールになってしまっている、とも言い換えられるかもしれません。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

【ビジネスマンにおすすめの本】労働だけで稼ぐのはもう限界!投資で豊かな生活を手に入れよう 『桐谷さんが教えるはじめての株主優待』 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル

【ビジネスマンにおすすめの本】労働だけで稼ぐのはもう限界!投資で豊かな生活を手に入れよう 『桐谷さんが教えるはじめての株主優待』 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
【不労所得で、長時間労働にはおさらば!】
長時間労働をしたい理由のひとつに、残業手当が欲しいというものがあるそうです。ですが、長く働いて得られる対価はわずかなものですし、体力的にも限界があります。それなら別の道を探しませんか? 不労所得というと少し聞こえが悪いですが、自分ではなくお金やモノに働いてもらうほうが、大きく稼ぐことができるんです。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

10 top travel technologies to ease your journeys

10 top travel technologies to ease your journeys | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
There are close to 300 travel-related companies in the startup nation. We chose 10 that are red hot.
Shinji Nakamura's insight:
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

スリランカの負債と中国の資金 | Sri Lanka's Debt and China’s Money - The Diplomat  

スリランカの負債と中国の資金 | Sri Lanka's Debt and China’s Money - The Diplomat   | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it

Sri Lanka's Debt and China’s Money


難しい選択に直面して、スリランカは中国インフラのベルトと道路が繁栄をもたらすことを願っています。


Faced with difficult choices, Sri Lanka has to hope China’s Belt and Road can bring prosperity.

By Umesh Moramudali  August 16, 2017    
 
Recently, the Sri Lankan government signed a concessionary agreement for a joint venture between the China Merchants Port Holdings Company Limited (CMPort), China’s state-owned port company and the Hambantota port, which is the second largest port in Sri Lanka. According to the agreement, 70 percent of the Hambantota port will be owned by the Chinese company while the Sri Lanka Ports Authority (SLPA) owns the remaining shares.

The port deal, which has led to many controversies, was not the most favorable choice for the government but it was perhaps the only choice.

By now, Sri Lanka’s situation in terms of managing the external debt is quite distressing. As Sri Lanka was upgraded to a middle income country, most of its concessionary debt was cut off and this scenario forced the government to obtain commercial debt. In addition to the Export-Import Bank of China (China Exim Bank) loans taken at a higher interest, funds were raised through sovereign bonds at commercial interest rates.

Enjoying this article? Click here to subscribe for full access. Just $5 a month.
As a result, over the last decade the composition of the country’s external debt has changed dramatically, with a shift toward costlier, non-concessional debt from previously available concessionary debt. Accordingly, in 2006, only 6 percent of external debt was commercial debt, but by 2012 it exceeded 50 percent of the external debt. This has resulted in a drastic surge in interest paid on external debt, leaving the country rather vulnerable to an economic crisis.

Back in 2006, Sri Lanka’s external debt stock was only $10.6 billion. Within the last decade, it has increased by nearly 140 percent.

By the end of 2016, Sri Lanka’s external debt stock soared to $25.3 billion, which amounts to 34 percent of the country’s gross domestic product. Out of this massive debt stock, about 13 percent — which amounts to $3.3 billion — is owed to China; most of the debt to China was obtained over the last decade.

The former Sri Lankan regime led by then-President Mahinda Rajapaksa is in part responsible for China’s growing ownership of Sri Lankan debt. Rajapaksa was not a popular leader amongst Western countries, but was a close ally of China, and was not hesitant to borrow from Beijing and invest in infrastructure projects. As the saying goes, “When money comes your way, do not ask questions.”


Rajapaksa didn’t; the questions came later. 


その大部分が99年間中国に賃貸されたハンバントタ港は、中国が資金を提供し、ラジャパクサ政権時に建設されたインフラプロジェクトの1つであった。 もともと中国からの借金を使って建設されたものの、当初は北京に賃貸することを意図したものではなかった。 しかし、スリランカは時間が経つにつれ、中国のExIm銀行から借り入れた借入金を港湾建設の商業利率で返済することが困難であることが分かった。 近くにあるマタラ国際空港 (閉鎖中) の運命に似て、港からの投資はあまり戻りませんでした。 中国政府に支払われる高い金利と組み合わされたプロジェクトの低収益は、スリランカを債務トラップに捕らえた。 政府は資産を中国人と共有する選択肢がなかった。 


 The Hambantota port, a major portion of which was leased to China for 99 years, was one such infrastructure project financed by China and constructed during the Rajapaksa regime. It was not originally meant to be leased to Beijing, although it was constructed using debt obtained from China. However, as time went on, Sri Lanka found it difficult to pay back the loans taken from China’s ExIm Bank at the commercial interest rate for the port’s construction. There was not much return on investment from the port, similar to the fate of the Mattala airport located nearby. The low return on the projects combined with the high interest rate to be paid to the Chinese has ensnared Sri Lanka in a debt trap. The government had no option but to share the asset with the Chinese

Most importantly, these Chinese debts were invested in developing strategic locations of the country, giving some control of those areas to China. Beijing’s strategy — establish power in the South Asian region through economic diplomacy — was closely observed by India. New Delhi’s strategic concerns had placed the Sri Lankan government between a rock and a hard place.


China’s economic dominance in Sri Lanka was not in terms of debt, but also investments. In 2005, the annual foreign direct investment (FDI) inflows from China were just under $1 million, but 2014 that figure had soared to over $400 million. These massive FDI inflows went into the controversial Colombo Port City project, later termed as the Colombo International Financial Center. The center raised concerns about Sri Lanka’s sovereignty since the filled-in land in Colombo would be leased out to the Chinese for 99 years with the expectation of a separate law being applied to the filled-in land. During the last decade, $1.1 billion in FDI was received from China and during the same period only $400 million in FDI was received from the United States.

The Belt and Road Initiative and the Way Forward

Given the poor performance of Sri Lanka’s external sector and slowed growth in the West, Sri Lanka, in fact, had no option but to reach out to China for money. To put it simply, China is where the money is.

As Sri Lanka fails to increase its export revenue in light of the soaring external debt servicing payments, the country has to look to other options to raise funds, which seem to come through debt and investments from China. Yet, it remains an open question whether Chinese money has made the situation go from bad to worse due to the high interest on loans and the possible geopolitical consequences of Chinese influence.

It is with that backdrop that China’s Belt and Road Initiative (BRI) presents offers to the countries across the region. Given the economic crisis that the country has faced, Sri Lanka is not in a position to refuse these offers. Sri Lanka does not have many options left while China has many options to pick from. China has already invested heavily on the Gwadar port in Pakistan and is investing heavily in Bangladesh as well. In this context, Sri Lanka will have to take the Chinese offers to rescue itself from a possible economic downturn. Yet again, the concern is how well these Chinese deals are negotiated and on what conditions Chinese debt is obtained. Given India’s approach of staying away from the BRI, the geopolitical implications that Sri Lanka has to face will be inevitable. Yet, if the Chinese bring good economic prospects through the BRI, adverse geopolitical consequences would not be a bad compromise given that many countries in the region are part of China’s initiative despite India’s objections.

However, diplomacy, like debt, can be flammable if not handled with care. Thus far, debt obtained without farsightedness has put Sri Lanka smack in the middle of the devil and the deep blue sea — meaning Sri Lanka is faced with difficult choices and has only risky options to chose from. It will be a challenging task for Sri Lanka to balance and battle through, making compromises where needed and striving to ensure the national interest where necessary.

Umesh Moramudali is an economic columnist and holds a BA in economics. He has conducted extensive research on international trade in Sri Lanka.

Shinji Nakamura's insight:
しかし、借金のような外交は注意して扱わなければ可燃性になる可能性がある。 これまでのところ、長期的視野されずに得られた借金は、スリランカを悪魔の真ん中と深い青い海に陥らせた。スリランカは難しい選択に直面しており、危険な選択肢しかない。 スリランカがバランスをとって戦い、必要に応じて妥協を図り、必要に応じて国益を確保するために努力することは、難しい課題となるでしょう。 

However, diplomacy, like debt, can be flammable if not handled with care. Thus far, debt obtained without farsightedness has put Sri Lanka smack in the middle of the devil and the deep blue sea — meaning Sri Lanka is faced with difficult choices and has only risky options to chose from. It will be a challenging task for Sri Lanka to balance and battle through, making compromises where needed and striving to ensure the national interest where necessary.

Note : Wiki : 一帯一路(いったいいちろ、拼音: Yídài yílù、英語: Belt and Road, B&R; One Belt, One Road, OBOR)とは、2014年11月に中華人民共和国で開催されたアジア太平洋経済協力首脳会議で、習近平総書記が提唱した経済圏構想である。 中国西部から中央アジアを経由してヨーロッパにつながる「シルクロード経済ベルト」(「一帯」の意味)と、中国沿岸部から東南アジア、スリランカ、アラビア半島の沿岸部、アフリカ東岸を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(「一路」の意味)の二つの地域で、インフラストラクチャー整備、貿易促進、資金の往来を促進する計画であり[1]、それぞれ2013年に習総書記がカザフスタンのナザルバエフ大学とインドネシア議会で演説したものである。........ 

 The Silk Road Economic Belt and the 21st-century Maritime Silk Road, also known as the Belt and Road Initiative (BRI) and The Belt and Road (B&R), is a development strategy proposed by China's paramount leader Xi Jinping that focuses on connectivity and cooperation between Eurasian countries, primarily the People's Republic of China (PRC), the land-based Silk Road Economic Belt (SREB) and the oceangoing Maritime Silk Road (MSR). ..... 

中国一帯一路の要!中央アジア物流センターの実態

バンコク開催 アジア最新一帯一路は一体どうなる/トランプ政権でアメリカテキサス大チャンス/英eu離脱は最高のビジネスチャンス
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

日米格差は600万円か?「プログラミング言語別 年収調査」の衝撃

日米格差は600万円か?「プログラミング言語別 年収調査」の衝撃 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
このほど、ビズリーチが発表した求人検索エンジンスタンバイ(https://jp.stanby.com/)の「プログラミング言語別 平均年収」のデータがネット上でさまざまな議論を呼んでいる。言語別の年収平均自体も興味深いが、「日本のエンジニアの年収が安い」という指摘も少なくない。

出典:スタンバイ(https://jp.stanby.com/)
日本はプログラマーの給料が安い国、とよく言われる。シリコンバレー界隈では、プログラマーの給料は1000万円からが基本だ、という話も耳にする。果たして、それはデータ的にどの程度本当なのか? ビズリーチの調査を下敷きに、アメリカの調査データと合わせてグラフ化してみたのが下の図だ。

日米のプログラミング言語別年収を比較。日本はビズリーチの求人検索エンジンより、アメリカはPayScale社のデータをBusiness Insider Japanが独自にグラフ化している。
制作:石沢成美、伊藤有
アメリカの調査データは、シアトルの人材コンサルティング会社PayScaleが集計・公表している言語別の年収データだ。最初に注意しておくと、ビズリーチのデータは最低額と最高額の「平均」を出しているのに対し、PayScaleの場合は該当プログラミング言語における業種別の「中央値の平均」をとっている。だから、厳密に同一条件の比較にはならないが、規模感の違いを知るには十分なはずだ。また、プログラマーのようにその人の能力次第で生産性が文字通り100倍違う(=年収差にばらつきが生じやすい)ことがザラにある職種では、実態に近い期待値を見るという点では、中央値の方が向いている。
興味深いのは、言語別の「最高額」は意外と日米差がないということ。一般企業の上限は2000万円程度のようだ(もちろん、トップクラスのプログラマーならもっと稼いでいる人もいるし、個人で企業と契約して100万ドル級の年収がある人もいるだろう)。
一方、違いが出たのは、「真ん中近辺」の人たちだ。アメリカの中央値は、日本のプログラマーの「平均年収」よりずっと高い金額であることがわかる。よくIT業界で言われるような「アメリカのプログラマーの年収はだいたい1000万円から」という一般論が裏付けられた形だ。さらに稼げる言語1位のScalaについては、日米の「真ん中」の年収差が600万円以上も違うこともわかった。
また、各プログラミング言語の下限年収もアメリカの方がずっと高いことも見て取れる。日本ではほとんどのプログラミング言語で下限が200万円代であるのに対し、アメリカでは(データがあった言語のみだが)最も低かったPHPでも下限額は約360万円だ。
この差が日米プログラマーの能力差によるものなのか、はたまたプログラマーがスキルほど評価されない残念な国・日本ということなのか? どちらにしても、考えさせられるデータであることは間違いない。

(編集部より:日米の集計データのC言語のデータをアップデートしました 2017年8月15日更新)
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

スキマ時間に使える!ブログアプリ「Medium」が英語学習におすすめの理由3つ

スキマ時間に使える!ブログアプリ「Medium」が英語学習におすすめの理由3つ | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
リーディング力を高めるために、BBCやCNNなどの英語ニュースサイトや英字新聞を毎朝読むと決めたのに長続きしなかった…。 そんな経験はありませんか? そんな人におすすめしたいのが、通勤時間やスキマ時間
Shinji Nakamura's insight:
https://twitter.com/wasabi_nomadik
https://www.facebook.com/wsbilo

----------------------------------------------

● My Medium Site : http://bit.ly/med_shinji


● Twitter 日本語 Medium 記事 検索 : http://bit.ly/med_ja



more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

経営者にこそ知ってほしい!SNSを活用したブランディング手法

経営者にこそ知ってほしい!SNSを活用したブランディング手法 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
SNSがビジネスシーンでも使われ始めてからというもの、業界問わずほとんどの企業が何かしらのSNSチャネルを利用しているだろう。そしてどの企業にも共通するのが、SNSをブランディングの強化につなげたいということ。 経営者 […]
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

The 25 tech companies everyone wants to work for right now

The 25 tech companies everyone wants to work for right now | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
Job site Paysa releases data showing which companies tech employees are flocking to.
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

キングコング西野「SNSは1万人リーチを狙うのではなく、1対1を1万回やれ!」1万回やって成功しない企業はない。 | リーディング&カンパニー株式会社

もっとクリエイティブなやり方があるはずだ
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

テクノロジーが変える「教育」の未来~森健志郎×山口文洋×湯野川孝彦×井上陽介 | GLOBIS 知見録 - 視る

テクノロジーが変える「教育」の未来~森健志郎×山口文洋×湯野川孝彦×井上陽介 | GLOBIS 知見録 - 視る | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
G1ベンチャー2017 第5部分科会D「テクノロジーが変える教育の未来」 (2017年6月11日開催/グロービス経営大学院 東京校)
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

ライティング中の作業をわずかワンクリックで済ませてくれるブックマークレット5選|ferret [フェレット]

ライティング中の作業をわずかワンクリックで済ませてくれるブックマークレット5選|ferret [フェレット] | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
今回は、記事執筆の中で必要になる作業をワンクリックで行ってくれる、便利なブックマークレット5選を紹介します。
合わせて設定方法も紹介していますので、複雑な設定もすぐに行うことが可能ですので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

【大学探訪記 Vol.24】研究テーマは「ネットがあるから、現実の行動が変わる。」

【大学探訪記 Vol.24】研究テーマは「ネットがあるから、現実の行動が変わる。」 | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
インターネットの出現で大きく世の中は変わりましたが、未だに「ネット」と「リアル」を隔てる壁は大きいと感じる人は多いのではないでしょうか。 「ネット上では偉そうなこと言っているけど〜」 「リアルのほうが〜」 など「ネット」と「リアル」は対立する文脈で言及されることが多いと感じます。  
more...
No comment yet.
Scooped by Shinji Nakamura
Scoop.it!

111 Most Useful Websites on the Internet

111 Most Useful Websites on the Internet | 中断中 事情は ㊙ Tech Education | スリランカにて、英語ベースのプログラミング学校開校! | Scoop.it
Learn new skills, read interesting articles or even send emails after you die with our assorted collection of the 111 most useful websites on the internet.
more...
No comment yet.