Genpatsu
37.5K views | +3 today
Follow
Genpatsu
原発と放射能
Curated by たくのん
Your new post is loading...
Your new post is loading...
Scooped by たくのん
Scoop.it!

静岡市の震災がれき試験焼却で明らかになった広域処理での放射能拡散増加の可能性

静岡市の震災がれき試験焼却で明らかになった広域処理での放射能拡散増加の可能性 | Genpatsu | Scoop.it
各地で根強い反対が続く震災がれきの広域処理。これをめぐって市民が独自に調査を実施した。震災がれきの処理によって放射能が拡散している可能性を示す調査結果はどのようなものなのか。
たくのん's insight:

”健康被害や放射能拡散の懸念などを理由に反対する住民に対し、国や自治体は「安全」「影響はない」と反論し、いくつかの自治体で広域処理が強行されてきた。

広域処理が始まっている自治体の1つ、静岡市で市民が独自に調査したところ、震災がれきの処理によって放射能汚染が増加している可能性があることが分かったという。”

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

大飯、東通りの断層評価-同門同士で茶番の安全評価。結論は始まる前から見えている: 院長の独り言

大飯、東通りの断層評価-同門同士で茶番の安全評価。結論は始まる前から見えている: 院長の独り言 | Genpatsu | Scoop.it
大飯、東通りの断層評価-同門同士で茶番の安全評価。結論は始まる前から見えている,2011.3.11以降、原発問題について主に論じています。
たくのん's insight:

「しかし、このような無責任で、しかも責任は全く取る気がなく、カネでいくらでも結論を変える学者どもにわれわれの命をにぎられるのは納得できません。この学者連中には、次のイタリアでおきた地震学者有罪判決を是非とも適用してください。それしか、この魂のない学者連中にお灸を据えることなどできはしません」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

原発維持方針 3・11をもう忘れたか

3・11は世界を変えた。ところが第二次安倍政権。発足早々、何の議論もないままに、原発の早期再稼働はおろか、新増設にも含みを持たすとは。
たくのん's insight:

「世界有数の地震国日本に原子力を持ち込んで、五十基を超す原発を立地したのは、ほかならぬ自民党政権だったということだ。核のごみの後始末も考えないままに、である。

自民党が進めた国策という土壌の中で原子力ムラが醸成され、安全神話が誕生し、福島の惨事につながったのではなかったか」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

Twitter / HirasawaNochuri : @hanayuu さま、グラフ作成しました<=茨城県取手市、 ...

たくのん's insight:

健康被害が目に見えるようになってきましたか #放射能汚染

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

「被災地の冬、案じられます」天皇陛下の誕生日会見全文

「被災地の冬、案じられます」天皇陛下の誕生日会見全文 | Genpatsu | Scoop.it
天皇陛下が79歳の誕生日に際して記者会見に応じた際のやりとりは以下の通り。 (問1)東日本大震災から約1年9か月がたちましたが、復興への道のりは険しく、ふるさとに帰れない被災者が今も多いのが実
たくのん's insight:

「東日本大震災から1年9カ月がたち、被災地に再び厳しい冬がめぐってきています。放射能汚染により、かつて住んでいた所に戻れない人々、雪の積もる仮設住宅で2度目の冬を過ごさなければならない人々など、被災者のことが深く案じられます。震災時の死者・行方不明者数は1万8千人余と報じられましたが、その後、2千人以上の震災関連の死者が生じたため、犠牲者は2万人を超えました。地震や津波を生き抜いた人々が、厳しい生活環境下、医療などが十分に行き届かない状況の中で亡くなったことは、まことにいたわしいことと感じています。

また被災地の復興には、放射能汚染の除去や、人体に有害な影響を与える石綿が含まれるがれきの撤去など、危険と向き合った作業が行われなければならず、作業に携わる人々の健康が心配です。放射能汚染の除去の様子は福島県の川内村で見ましたが、屋根に上がって汚染を水流で除去するなど、十分に気をつけないと事故が起こりうる作業のように思いました。安全に作業が進められるよう、切に願っています」

 

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

脱原発 世論6割、当選3割 3大争点すべてズレ

脱原発 世論6割、当選3割 3大争点すべてズレ | Genpatsu | Scoop.it
衆院選では、原発政策とともに大きな争点だった消費税増税や憲法九条でも民意と選挙結果に隔たりのある結果となった。本紙が公示直前に行った世論調査と、東京都の二十…
たくのん's insight:

極めて疑わしい選挙でしたね。もう選挙も信用できない日本政府。

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

反原発抗議行動に考える 人々の声が政治を変える:東京新聞 社説 2012年7月25日

反原発抗議行動に考える 人々の声が政治を変える:東京新聞 社説 2012年7月25日 | Genpatsu | Scoop.it
毎週金曜日の夕方、首相官邸と国会議事堂前は数万人の群衆で埋め尽くされる。原発再稼働に反対する抗議行動。「人々の声」をどう考えたらいいのか。

 

...

 

かつて六〇年安保闘争の最中、岸信介首相は「私には“声なき声”が聞こえる」と言って騒然とした国会周辺のデモを無視した。


いま「声なき声」の人々は声を出し始めた。収束しない福島原発事故の怖さ、今後も長く続く被災者の苦しみ、福島だけでなく首都圏や東北にも広がる放射能汚染。そうした現実を肌で感じて抗議の輪に加わっている。


人々の街頭行動は原発再稼働だけでなく、政治のあり方をも問うている。政治とは何か。あれこれと考えるより、次の憲法前文を読んだほうが早い。


「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」


憲法は国政を「国民の信託による」と記している。だがいつの間にか、人々の間に「政治は政治家や政党がするもの」であるかのような思い込みが広がってしまった。私たち新聞もそうだ。政治面に登場するのは、ほとんどが政治家や政党の話である。


政治の主役は国民であるはずなのに、代理人にすぎない政治家が主役であるかのような錯覚が広がった。街頭に立つ人々は本末転倒に目を覚まし「再稼働反対」のスローガンに託して、異議申し立てをしているように見える。

 

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

中日新聞:関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力 :社会(CHUNICHI Web)

中日新聞:関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力 :社会(CHUNICHI Web) | Genpatsu | Scoop.it
関電、大飯再稼働なくても電力供給に余力
2012年7月18日 09時49分

政府の節電要請から16日までの2週間の関西電力管内の電力需給で、最大需要は2301万キロワットにとどまり、出力118万キロワットの大飯原発3号機(福井県おおい町)が再稼働しなくても、供給力を9%下回っていたことが分かった。猛暑となり17日の最大需要はこの夏一番の2540万キロワットに達したが、10%以上の供給余力があった。政府は夏場の電力不足を理由に強引に大飯原発の再稼働に踏み切ったが、節電効果など需要の見通しの甘さが浮き彫りになった。

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

武田邦彦 (中部大学): 時事寸評  なるほど!社説でわかる超現実主義

ある新聞の社説を読んでいましたら、私の疑問が解消されました。その社説では「すでに民主党政権ができて3年経ったのに、公約は何一つやっていない。やらないのだから、民主党の公約はないも同然だ。だから、増税は当たり前で、それに反対するなどけしからん」という論旨でした。

 

官僚の抵抗や社会の反対で公約が実施できないなら別ですが、「議員定数80名削減」など第一公約で約束して、国会だけで議決できるものもやらないのですから、「ウソと詐欺」といって良い状態なのですが、この社説によると「ウソと詐欺」が現実なのだから、その現実を踏まえて「ウソと詐欺」を「正しい」としようという訳です。

 

実は、これまでも新聞の社説を読んでいると、「ご都合主義」というか、「超現実主義」というか、人を裏切ろうと、何をしようとその時にもっとも現実的で自分が得をするものなら何でも良いという考え方です。

 

新聞は「新聞などについては社会的意義が大きいので減免措置が必要」と財務省と合意している。まさに「声が大きいものだけが得をする」というこれもご都合主義の主張でした。

子供に教育できないようなことが社会の主流の意見になる・・・日本の知性が崩壊していくことを新聞の社説が主導するということをやってはいけないと考えます。

 

「tdyno.168-(6:41).mp3」をダウンロード

(平成24年6月30日)

武田邦彦

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

「立地県に配慮欠く」行為か 「原発」是非問う都民投票案否決

「立地県に配慮欠く」行為か 「原発」是非問う都民投票案否決 | Genpatsu | Scoop.it
都民の意思表示は原発立地県への配慮に欠ける行為なのか。原発稼働の是非を問う都民投票条例案は都議会総務委員会で十八日、否決された。

 

...

 

ただし、投票条例の趣旨は「知事と都議会は投票の結果を尊重し、東電や政府と協議し、都民の意思が反映されるよう努めなければならない」というものだ。仮に、原発稼働に反対という結果が出たなら、立地地域の経済振興や雇用確保も同時に求めればいい。都民投票が立地地域への配慮に欠けるという理屈は、どこか短絡的に過ぎると感じる。

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

「再稼働ありきの茶番」 脱原発首長ら抗議:東京新聞 2012年6月18日

「再稼働ありきの茶番」 脱原発首長ら抗議:東京新聞 2012年6月18日 | Genpatsu | Scoop.it

2012年6月18日

 

関西電力大飯(おおい)原発(福井県おおい町)の再稼働決定を受け、全国の首長らでつくる「脱原発をめざす首長会議」が十七日、東京都内で緊急記者会見を開いた。原発が立地する茨城県東海村の村上達也村長ら三人の現職首長が、再稼働に至る国の姿勢を「結論ありきの茶番劇」と批判。十八日に野田佳彦首相宛てに「原因が究明されない中での再稼働は拙速」とする抗議文を出すことを明らかにした。


四月に発足した首長会議には三十五都道府県の区市町村長ら七十三人(うち七人は元職)が参加。緊急会見には、ほかに三上元・静岡県湖西市長、田島公子・埼玉県越生(おごせ)町長、上原公子・元東京都国立市長が出席した。

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

武田邦彦 (中部大学): だまされるエネルギー1 「もったいない」には順序がある

でもなぜ国は「小さい家にしましょう」とか「軽自動車を買いましょう」と呼びかけずに「電気を節電しましょう」と言うのだろうか.この原因は単に「電気だけは独占なので高くても売れるので、少なく売っても問題は無い」と言うことだからだ。

 

トヨタ自動車が「車はできるだけ乗らないようにしましょう」と呼びかけることはない.トヨタの人は少しでも良い車を作り、それを買っていただけるなら本望である.それが環境を悪くするかどうかなどは国民が判断することであって、企業としては立派である.

 

ところが電力会社は「節電しましょう」と長い間呼び掛けてきた。これには多くの人が違和感を感じていたが、それは「独占しているから、議員と役人を待遇しておけば、電気代を高く出来るからそれで良い」と言うことだったのだ。

 

そして今、電力会社の経営上の失敗(原発事故)の尻ぬぐいを国民にさせて、日本の活動力を奪っている.それが環境省なのである.環境省は「小さい家を建てましょう」とか「軽自動車の黄色ナンバープレートを白に変える」とは言わない.そうすると「もったいない」の本質がばれるからだ。

 

環境省はつねに「最終的には消費を増やす」という方向で舵を切る.その一つが「白熱電球廃止、LEDだけ」の路線である.利権だけ、利権だけの世界だ。

「mottainaitdyno.140-(7:41).mp3」をダウンロード

(平成24年6月16日)

武田邦彦

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

武田邦彦 (中部大学): 緊急考察・・・大飯原発はなぜ再開されるのか?(2)

ただ一つだけ、事故によって変わったことがあります。それは「原発の地元は加害者になる」ということです。自分たちはお金が欲しいから「危険を安全」と言って「苦渋の選択」で原発を受け入れますが、事故が起こると受け入れた県は加害者になるということが現実として理解されたのです。

 

今後は原発を受け入れた県は事故が起こったら、その償いをしなければならないでしょう。もちろん、誰も助けようとはしない・・・それは自分たちの判断で危険なものをうけいれ、それでお隣さんに被害を与えたのですから。

 

最後に「核廃棄物を片付けずに原発の電気だけ欲しがるのか?」、「電力会社は巨大なリスクを背負ってまでなぜ原発をやりたいのか?」などの謎が残るでしょう。

「tdyno.138-(9:02).mp3」をダウンロード

(平成24年6月15日)

武田邦彦

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

武田邦彦 (中部大学): 崩れようとする日本社会・・・ブロークン・ウィンドウズ効果

たくのん's insight:

「政治家や学者の言動が社会を良くもするし悪くもするのは当然です。その意味で、民主党政権の公約違反や、東北大震災から原発爆発の御用学者の出現、それにそれまで「被曝は防ぐべきだ」と言っていた専門家、マスコミが一斉に「被曝は健康に良い」とまで言うようになった日本社会は危機に瀕していると思います」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

2012年は「放射能ファシズムな日本」の始まりの年。僕は逃れる術を探し続けます。 - 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」

おととい、亡くなられた突然死の話をさきほど、伺いました。昨日いただいたメッセージは次の通りです。もちろん原因はわかりません。しかし、被曝によって、まず人がなくなるのは、年配者、高齢者が多いのです。がん化するスピードが、年配の方は遅いだけで、被曝による身体影響は変わらないと思いま...
たくのん's insight:

「しかし、チェルノブイリ以上に、今回の流れがおかしくなってきた、最大の問題はガレキの広域拡散ということで、放射性物質を含んだガレキをその汚染が及んでいない地域でも、焼却に踏み切らせるという、合理的に考えたらまるで必要のないことに、民主党政権、一部地方政治家、環境省が一丸となって邁進し、その構造が現在もそのまま続いていることです。チェルノブイリ後にありえなかった話です。

この心理というのは、被災地はかわいそうだから、何か手を差し伸べたいという同情心を利用して、それが何よりも優先するとして、ほかの懸念をまるで無視して、ガレキを拡散させるための、予算措置をおこない、輸送費も含めて、およそ現地処理するほうが、国民の税金を多く使わなくて済むのに、あえて無駄遣いして、他地域でガレキ焼却させるという、常識的な思考の枠組みでは考えられないことが、平然と行われる状態となりました」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

被災者に目を向けず 議場目の前 代表団、仮設住宅素通り

政府と国際原子力機関(IAEA)が開いた福島閣僚会議では、原発の過酷事故を防ぐための技術的、制度的な議論が繰り広げられた。
たくのん's insight:

「会場となったイベント施設の外に目を向ければ、道路を挟んだすぐ近くに、福島県川内村と富岡町の約六百人が暮らす仮設住宅がある。代表団を乗せた大型バスは毎日、仮設住宅の前を通り過ぎるだけだった。

糖尿病を患いながら避難生活を送る女性(79)は「世界中から大臣が来ているらしいけど、ここには誰も来ない」と話した。会議は原発推進を前提に進んだ」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

全米ライフル協会記者会見:銃犯罪増加の原因は、犯罪衝動に訴える不道徳なゲームにあ

全米ライフル協会(NRA)は自らの責任や役割について語るのではなく、「ゲームのせいだ」と、他者を非難して会見を終えた。また、メディアについてもいろいろと不満をにじませていた。「残念ながら、この国には、無神経で腐敗した、まったく汚れきった、人びとに社会の暗部を見せつけることで食いつないでいる者がいます」。これはNRAのバイスプレジデントであるWayne LaPierreの言葉だ。粘着的にも見える態度で、必要以上に怒りを顕にしていたように思える。メディアではしばしば謝罪記者会見の様子を見ることが出来る。それらはたいてい謙虚さと問題解決に向けた報告、そして若干の尻拭い発言の混合物といった形をとる。自らの責任に一切言及することなく、責任はゲームにありなどとする今回の振る舞いは、まさに「べからず集のケーススタディ」のようなものとなってしまった。...
たくのん's insight:

#原発とめろ 都合が悪くなると責任を他者に転嫁するだけ。兵器産業は原子力と同じくらい悪辣です

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

日本原子力安全文化の象徴-浜岡原発の防潮堤: 院長の独り言

日本原子力安全文化の象徴-浜岡原発の防潮堤: 院長の独り言 | Genpatsu | Scoop.it
日本原子力安全文化の象徴-浜岡原発の防潮堤,2011.3.11以降、原発問題について主に論じています。
たくのん's insight:

「こんななめきった対応で、津波を防げるとする中部電力。子供だましにもなっていないのですが、マスコミ、自治体、あと土建業者はすべて納得しているでしょう。しかも、この防潮堤の工事費は1000億円超。当然発電原価に含まれますから、総括原価方式の元では中部電力の利益を増加させる要因にまでなります。いやはや、国民をなめると言ってもここまでできたら、素直に脱帽します。

こんななめきった対応で、お茶を濁して原発再稼働-これが日本の誇る絶対安心、安全の原発の実態です」

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

〈決戦24時〉―12月14日 @2012年参議院選挙

15・30 自民党の安倍総裁が遊説のため、静岡県内をJR東海道線の普通列車で移動中、初老の男性に注意される。JR職員がおさえていた席に、後から乗ってきた安倍氏が座ったため。男性は安倍氏の隣に立って苦言を続ける。安倍氏はしばらく聞いていたが、「だから、すみませんって言ってるじゃないか」と怒り、その後は座ったまま目を閉じる。男性は隣に立ち続けた。
たくのん's insight:

議員の特権を取り戻して威張りたいだけの自民党

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

福島原発事故由来のストロンチウム、10都県で初確認:朝日新聞 2012.07.24

「福島原発事故由来のストロンチウム、10都県で初確認


東京電力福島第一原発の事故後、大気中に放出された放射性ストロンチウム90が福島、宮城両県以外の10都県で確認された。文部科学省が24日発表した。茨城県では2000年から事故前までの国内の最大値を20倍上回る1平方メートルあたり6ベクレルが検出された。この値は、大気圏内核実験が盛んだった1960年代に国内で観測された最大値の60分の1程度になる。

 

国の調査で、宮城、福島以外で原発由来のストロンチウムが確認されたのは初めて。

 

確認されたのは、岩手、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の10都県。いずれも2000年以降から事故前までに国内で観測された最大値を上回っており、文科省は「第一原発からの降下物」と判断している。宮城、福島は震災で計測器が壊れるなどしたため未集計だが、昨年6月の土壌調査で原発由来のストロンチウムが確認されている。」

 

朝日新聞も政府とグルになって、これまで1年以上隠蔽していたのでしょ?

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

選択肢から抜け落ち 原発比率本来5%:東京新聞(2012.7.10)

選択肢から抜け落ち 原発比率本来5%:東京新聞(2012.7.10) | Genpatsu | Scoop.it

「将来の原発比率はどれくらいがいいのか、政府のエネルギー・環境会議は十四日から全国各地で国民の意見を聴く会を開く。ただ、政府が示す二〇三〇年の比率案は0%、15%、20~25%の三つしかない。政府が「四十年廃炉」と「安全かつ必要な場合のみ再稼働」という二つの約束を守るなら、5%以下という選択肢があって当然なのだが…。 (鷲野史彦)」

 

民主党政府のやることはいちいちデタラメ、これもデタラメ。原発は0%にすべし

 

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

「原子力の憲法」こっそり変更:東京新聞 2012年6月21日

「原子力の憲法」こっそり変更:東京新聞 2012年6月21日 | Genpatsu | Scoop.it

「2012年6月21日 朝刊

二十日に成立した原子力規制委員会設置法の付則で、「原子力の憲法」ともいわれる原子力基本法の基本方針が変更された。基本方針の変更は三十四年ぶり。法案は衆院を通過するまで国会のホームページに掲載されておらず、国民の目に触れない形で、ほとんど議論もなく重大な変更が行われていた。

 

設置法案は、民主党と自民、公明両党の修正協議を経て今月十五日、衆院環境委員長名で提出された。
基本法の変更は、末尾にある付則の一二条に盛り込まれた。原子力の研究や利用を「平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に」とした基本法二条に一項を追加。原子力利用の「安全確保」は「国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として」行うとした。

 

追加された「安全保障に資する」の部分は閣議決定された政府の法案にはなかったが、修正協議で自民党が入れるように主張。民主党が受け入れた。各党関係者によると、異論はなかったという。」

 

隠蔽してこっそり進めるのが野田内閣と自民党・公明党のやり口

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

武田邦彦 (中部大学): 野田佳彦に見る政治家失格の条件・・・「私たちにできること」は野田佳彦を政治家と認めないこと

武田邦彦 (中部大学): 野田佳彦に見る政治家失格の条件・・・「私たちにできること」は野田佳彦を政治家と認めないこと | Genpatsu | Scoop.it

ことがここまで来たら、私たちは野田佳彦を政治家と認めないという断固たる立場を取る必要があります。またその野田佳彦と同調している民主党、自民党、公明党もまた政治家ではありません。本来、政治家としては認められない人を相手に交渉をして同意するというのは本人も政治家としての矜恃を持っていないことを示しています。

 

まず「私たちにできること」、それは「政治家の資格要件は、口から出たことを違えない」ということをハッキリし、野田佳彦の言動は無視し、報道は見ないということをまずは実行することです。

 

野田佳彦の政策や政治的言動は政治家の発言ではありませんから、報道するマスコミな雑誌を買わないということや、自民党、公明党に抗議をするなどが私たちにまずはできることです。民主主義というのはお殿様がいるのではなく、私たちがその意思を具体的な形で示すことです。それは「デモ」や「革命」でもありますが、普通の生活の中でできることです。

 

野田佳彦の政策について論評してはいけないと思います。もちろん野田政権が決めた原発再開を「実行する人」は国民にはいないと思います。

 

「tdyno.146-(7:38).mp3」をダウンロード

(平成24年6月18日)

武田邦彦

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず:朝日新聞 2012年6月18日

米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず:朝日新聞 2012年6月18日 | Genpatsu | Scoop.it

2012年6月18日5時0分

米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず

東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。放射性物質が大量に放出される中、北西方向に帯状に広がる高濃度地域が一目でわかるデータが死蔵され、大勢の住民が汚染地域を避難先や避難経路に選んだ。

 

more...
No comment yet.
Scooped by たくのん
Scoop.it!

プルトニウム汚染地図の衝撃: 院長の独り言

プルトニウム汚染地図の衝撃: 院長の独り言 | Genpatsu | Scoop.it

プルトニウム汚染地図の衝撃

 

とある方から、プルトニウム汚染地図をいただきました。

 

セシウムの分布とは明らかに異なった様相です。しかも、ネット上ではひっそりと発表されていたにもかかわらず、わかりにくい数値のみで、このように濃淡をつけた地図としては誰も発表していません。
宮城県、茨城県にもプルトニウムが飛散しています。実際、南相馬を訪問した枝野氏・岡田氏

 

2011.4.18(枝野氏)

2011.5.8(岡田氏)

 

お二人ともこの汚染をよくご存じだったのでしょう。岡田氏は、手袋をしたまま握手をしています。

 

このような方たちが原発は安全だから、再稼動と話して誰が信用するのでしょうか。

more...
No comment yet.