電子書籍っぽいとこで
63 views | +0 today
Follow
電子書籍っぽいとこで
電子書籍,kindle,キンドル,epub
Curated by Daizen Seven
Your new post is loading...
Your new post is loading...
Scooped by Daizen Seven
Scoop.it!

Myhtml EとDraftPadを使ってサイトをePub形式にしてiBooksに保存 ...

Myhtml EとDraftPadを使ってサイトをePub形式にしてiBooksに保存 ... | 電子書籍っぽいとこで | Scoop.it
この間ちょこっとチラ裏的に紹介したDraftPadのアシストで、DraftPadに書いた文字をePub形式に変えてiBooksに保存してくれるものがありました。そして今日(昨日?)、そのアシストがさらにバージョンアップしたようなので、たまたま昨日公開 ...
more...
No comment yet.
Scooped by Daizen Seven
Scoop.it!

【iPhone・iPad】最低10,000ダウンロード以上されているおススメ電子書籍アプリまとめ - NAVER まとめ

【iPhone・iPad】最低10,000ダウンロード以上されているおススメ電子書籍アプリまとめ - NAVER まとめ | 電子書籍っぽいとこで | Scoop.it
App Storeで1,0000ダウンロード以上されているどれも良書ばかりを取り上げています(^^)こう見るとApp Storeもエロ系のHow to本からマジ...
more...
No comment yet.
Scooped by Daizen Seven
Scoop.it!

一太郎2013で簡単にKindle対応の電子書籍を作ってみよう | 電明書房

一太郎2013で簡単にKindle対応の電子書籍を作ってみよう | 電明書房 | 電子書籍っぽいとこで | Scoop.it
Daizen Seven's insight:

KDP作家の犬吠埼一介氏が、電子書籍ファイルを作成手順書をまとめています。このまとめ、内容は良いのですが、さすがに「誰でも簡単」というには無理があります。そこで、もっと簡単であろう日本語ワープロソフト『一太郎2013玄』を使った方法を解説してみます。

テーマは「知識と手間をお金の力でねじ伏せて、縦書き電子書籍を作ろう!」です。(笑)

まず、なぜ一太郎か?と言いますと、

more...
No comment yet.
Scooped by Daizen Seven
Scoop.it!

Amazon.co.jp: 同人誌と電子出版の小さな戦略: Kindleストア

Amazon.co.jp: 同人誌と電子出版の小さな戦略: Kindleストア | 電子書籍っぽいとこで | Scoop.it
Amazon.co.jp: 同人誌と電子出版の小さな戦略: Kindleストア (「同人誌と電子出版の小さな戦略」http://t.co/MgvKizPf 製作者のKimura Hidekiさんの実体験は興味深いです。電子書籍にはサポートする編集者が不在の場合が多い。やはり本を出すってことは編集者の第3の目が必要?)...
more...
No comment yet.
Scooped by Daizen Seven
Scoop.it!

デジタル雑誌を進化させる4つの編集力 : 本とeBookの公園 ー 21st century Book Story ー

デジタル雑誌を進化させる4つの編集力 : 本とeBookの公園      ー 21st century Book Story ー | 電子書籍っぽいとこで | Scoop.it
過去の週刊誌記事配信プロジェクトの教訓から、デジタル雑誌配信サービスをひとつの情報サービスとして捉え、マーケティングにおける4Pを意識する視点が必要ではないかと考えます。マーケティングの4Pとは、Product=製品Price=価格Place=場所(流通経路)
Daizen Seven's insight:

>>上記の改善を紙の雑誌がメインの出版社が行うべきか、デジタルがメインの電子書店側が行うべきかは意見が分かれるところでしょう。個人的には、どちらがやってもいいと思っています。なぜなら、出版社にとっても電子書店にとっても情報編集力こそが必要不可欠なスキルだからです。

>>出版社のお偉いさんたちは皆、出版社にとってインターネット時代に生き残る鍵は編集力だと語ります。だとすれば、そもそも、編集力が不足していたのではないか?と思ってしまいます。

雑誌に連載されたテキストを単行本化する際は書籍サイズにあわせて編集するのが常です。紙だろうがデジタルだろうがサイズが異なろうが気にせず、同じレイアウトを使いまわすのは編集の素人の発想です。他のコンテンツ業界の編集マンはそんなことはしないでしょう。

「電子雑誌」というネーミングや定義づけにも、時代の変化をいち早く嗅ぎとり、ワクワク感やドキドキ感を読者に提供する編集センスの無さを感じます。しかし、iPad発売以降、古臭い電子雑誌のイメージを変えていこうとする編集者も増えてきています。

more...
No comment yet.